35歳からはホルモンケアも視野に入れる

女性の場合、肌やカラダの調子と切っても切れない関係にあるのが女性ホルモン。 生理不順という問題もありますが、30代からはそろそろ卵巣機能の衰えというものも考えていかないといけない時期に差し掛かってきます。

女性ホルモンは35歳をピークに徐々に減少しはじめて40代~50代にかけて急降下していきます。女性らしいキメ細かな肌のハリやツヤ、 豊かな髪の毛は失われ、自律神経のバランスや骨の形成など見えない部分の健康にも影響がでてきますから、 ホルモンケアという視点も大事です。

美と健康を維持するためにはホルモンケアが不可欠!

リリコさん

女性は「女性ホルモンの減少=老化」というのが見た目にもカラダの中でも如実にあらわれるわ。 ホルモンバランスが乱れることは決してよいことではないから若い人もホルモンケアって大切よ。

35歳が卵巣・子宮機能のターニングポイント

以下のことに心当たりがないかちょっと確認してみてください。

□ 生理のときの出血量が減ってきた
□ すぐ疲れてしまう
□ 生理周期が短くなってきた
□ 生理の日数が短くなってきた
□ 顔は思い浮かぶが名前がでてこない
□ 寝つきが悪い、眠りが浅くなった
□ ダイエットしてもなかなか体重が減らない
□ 感情の起伏が激しくなった
□ 髪にハリがなくなり、白髪が増えてきた
□ 肌のたるみが気になりだした。

髪や肌の変化、疲れやすさなどは他の原因もあるので、なかなか区別がつかないところですが、生理にかんすることについて、 変化がでてきたら、それは卵巣・子宮機能の低下というふうに考えていいと思います。

卵巣・子宮機能の低下は加齢のせいと考えることもできますが、若いころからの「食生活」「ストレス」「冷え」というものがかなり影響します。 実年齢と卵巣年齢は必ずしも同じではなく、20代でもボロボロの人もいれば、40代前半でもまだ元気な人もいます。

とはいえ、女性である以上は、女性ホルモンの分泌量の減少、ホルモンバランスが乱れることによるさまざまな不調、不定愁訴はいつかは必ずやってきます。

40代以降は婦人科にいってHRT療法や低用量ピルを使ったホルモンケアを行ったほうがいいと思いますが、30代であれば「食生活」「ストレス」「冷え」に気を付けて、卵巣や子宮に優しい生活を心がけることが大切かと思います。

大豆イソフラボンを摂取すればいいわけじゃない!

更年期の不調であったり、ホルモンバランスを安定化させるための定番サプリといえば大豆イソフラボンですよね。

大豆イソフラボンは成分構成が女性ホルモンのエストロゲンによく似ていることもあって体内に吸収されるとエストロゲンと同じような働きをしてくれると期待されています。 豆乳を一生懸命飲んでいる人も多いんじゃないでしょうか?

しかし、大豆イソフラボンには1つ、致命的な弱点があります。それは「効く人」と「効かない人」がいるということ。 厳密にいえば日本人の2人に1人は大豆イソフラボンを摂取しても効果を実感できません。

効く人と効かない人の差は、何かというと腸内細菌なんです。大豆イソフラボンを代謝して「エクオール」という成分をつくる腸内細菌がいれば、 効果を実感できますが、「エクオール」をつくりだせる腸内細菌がいなければ効果を実感することはできないんです。

で、日本人の2人に1人はエクオールを作る腸内細菌を持っていません。30歳未満の若い世代に限定すればなんと4人に1人しかいません。 世代間で大きな違いがあるのは小児期の食生活が違うからです。

年配者ほど小さいころから豆腐や納豆などを食べてきているので、腸内細菌も大豆に対応したものが形成されているんですが、若い世代になるほど、 大豆製品を食べる機会が少ないこと、また腸内細菌のエサになる食物繊維が不足していることもあって「エクオール」を作り出す腸内細菌が形成されていないことが多いんです。

更年期の不調やPMSの緩和に役立つサプリなら

リリコさん

大豆イソフラボンが効かないと知って焦った人も多いと思うけれど、今はエクオールを直接摂取できるサプリもあるので、それを利用するといいと思うわ。

大豆イソフラボン

女性ホルモンのエストロゲンと似た働きを持ち、ホルモンバランスを整えて、更年期特有の症状を緩和するといわれています。

エクオール

腸内細菌が大豆イソフラボンを代謝してつくるのが「エクオール」です。大塚製薬にエクオールを直接摂取できるエクエルというサプリがあります。

アマニリグナン

大豆イソフラボンと同じくエストロゲンと似た働きで更年期特有の症状に働きかけます。

ブラックコホシュ

ほてり、多汗、抑うつといった更年期の症状に対して北米先住民が利用してきたハーブです。

以下はPMS(月経前症候群)に役立つ成分です。

チェストツリー

女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌を正常化する働きがあり、PMSを改善する効果があります。

マカ

生殖機能の改善に役立つ成分。不妊症、生理不順、更年期症状などに効果的に働くといわれています。

サプリではありませんが、漢方薬の「当帰」にもエストロゲン様作用があるといわれており、婦人科では不妊や更年期の治療薬として利用されていることがあります。 HRT療法や低用量オイルなどに抵抗がある人はそんな漢方薬もあるということを覚えておくといいと思います。

それから知っている人がどれだけいるかわかりませんが、脂肪の量がエストロゲン代謝にかかわっているので、太りすぎても痩せすぎても、 エストロゲンの作用が低下してしまうということを覚えておいてください。BMI値が20~25程度の標準的な体型を維持することが大切です。

棒みたいに痩せた体型に憧れている若い女の子がいたらすぐに止めさせましょう。

「更年期の不調」以外にも悩みはありませんか?

Page top icon