自分に足りない栄養素がわかる「分子栄養学検査」

自分の肌や身体の不調がよくわからないときは「分子栄養学検査」を受けてみるといいかもしれません。検査料がかかるのがネックですが、 自分の栄養状態をしっかりデータとして把握しておくことは食生活の改善の指標になりますし、サプリメント選びにも役立つはずです。

実感だけでなく、客観的な指標もサプリの効果の根拠になります。

サプリメントって効いているのか効いてないのかよくわからないって悩みがあると思うんですけど、 自覚症状として実感がないのはやっぱり効いてないってことなんですか?

メリーちゃん
リリコさん

自覚症状の変化があれば、確かにサプリメントの効果はわかりやすいけど、検査による数値の変化としての評価もあるわね。 血液中のビタミン濃度を知るだけでも客観的な指標として役に立つと思うわ。

分子栄養学検査分子栄養学検査で栄養状態を知る

分子栄養学検査というのは、血液検査と尿検査によって、身体の栄養状態をチェックし、栄養素の過不足がないかを調べるというものです。 最近は美容や健康意識の高い人達に人気で、数か月先まで予約で一杯なんだそう。

通常の健康診断では検査しないような栄養素についても調べるため、自分の体の栄養状態についてかなり詳細なデータが手に入るというのが最大の特徴で、 検査結果から減らしたほうがいい栄養素、増やしたほうがいい栄養素が数値として把握できるので、食生活の改善やサプリメント選びの指標としてすごく役に立ちます。

身体にいいといわれているサプリメントはいろいろ飲んでいるけど、効果を実感できないという人にとっては今摂取しているものが本当に身体にあっているかどうかわかりますし、 定期的に数値をチェックして、改善状況を把握できるので、健康へのモチベーションアップになるというメリットがある点も見逃せません。

保険が効かない検査ということで、かなり玄人向けのサービスといえますが、そういうものもあるということは覚えておいて損はないと思います。

身体の症状でみる不足している栄養素の見分け方

リリコさん、分子栄養学検査を受けてみたいんですが、お金がありません! 自覚症状からこんな栄養素が不足しているかも?ってある程度予測できないもんなんでしょうか?

メリーちゃん
リリコさん

確かにある特定の栄養素が不足するとでてきやすい症状の傾向はあるけれど、正確には判断できないわ。 鉄分不足については、献血すれば調べてもらえるからそういう無料サービスを利用するのも手よ。

こんな症状があったら〇〇不足を疑ったほうがいいかも?

鉄分不足

□ 立ちくらみ、めまいがする
□ 朝起きるのが苦手
□ 疲れやすい
□ 冷え症
□ 顔色が悪い
□ 動くと息切れしやすい

ビタミンB群不足

□ 肌荒れ・口内炎がある
□ 慢性的に疲れている
□ しびれ・神経痛がある
□ 頭がボーっとして集中力がない
□ 太りやすくなったと思う

ビタミンD不足

□ 風邪を引きやすい
□ 冬場にうつっぽくなる
□ 骨が脆くなった

いかがでしょうか?

女性の場合、「だるい」「重い」「つらい」という症状があれば「鉄」「ビタミンB群」が不足していると思って間違いないです。 従来の考え方であれば、にんにく卵黄のサプリでも飲もうとか、アミノ酸あたりを摂取しようかな?と思うところですが、 その前に摂取すべき栄養素があるってことです。

鉄不足については、自覚症状があるようなら献血をする際にお願いすると調べてもらえるので、利用するといいと思います。もちろん無料です。 貧血に関する項目と正常値は以下のとおり。異常があった項目については指摘してもらえます。

・赤血球数(RBC) 女:375~500
・ヘモグロビン量(Hb) 女:11.2~14.9g dL
・ヘマトクリット(Ht) 女:34.0~44.0%
・平均赤血球容積(MCV) 80.0~100.0 fL
・平均赤血球ヘモグロビン量(MCH) 26.0~34.0 p/g
・平均赤血球ヘモグロビン濃度(MCHC) 32.0~36.0 %

【健美ゼミ式】サプリメント基礎講座

Page top icon