不足どころか欠乏状態にある「ビタミンD」

これを読んでいる人のなかにビタミンDが今後の人生を決めてしまいかねないほどの 重要な栄養素だと認識している人がどれだけいるかはさだかではありませんが、ビタミンDは大事です。

将来の骨粗しょう症や乳がんなどに影響するほか、妊娠中や妊娠を考えている人であれば、子供の健康に関係してくるものなんですが、 その重要性についてはあまり認知されてないのが現状であり、特に若い女性のビタミンD不足は危機的な状況にあるという報告があります。

ビタミンDの体内合成力は加齢によって衰える

リリコさん

「ビタミンというよりもホルモンに近い」といわれるようにビタミンDが不足すると、ありとあらゆる不調、病気、不定愁訴につながるわ。 若い子に特に不足しているのは徹底したUVケアの影響ね。

ビタミンDはホルモンの一種?ビタミンDはホルモンの一種?

もともと日照不足だと、「くる病」を発症してしまうことから骨やカルシウム代謝に貢献しているビタミンとして 覚えられていたのがビタミンDです。

それが最近の研究によって、ビタミンDには骨を丈夫にするだけでなく、免疫を高めて風邪を予防したり、動脈硬化や糖尿病、インフルエンザ、乳がんの予防、 うつ病の予防、そしてダイエット効果もあるなど、さまざまな効用があることが分かってきたんですね。

そんなわけで一般レベルではまだまだ名前も働きも知られていないマイナーなビタミンDなんですが、医療関係者であったり、専門家の方達にとっては、 「健康問題を考えるうえで最優先させないといけない栄養素」というVIP待遇の成分になっています。

このビタミンDですが、日光を浴びることで皮膚で合成され、また食物からも摂取することができます。 しかし、今の女性は、肌を焼きたくないからとUVケアは徹底してますし、ビタミンDを豊富に含む魚も食べないので、慢性的なビタミンD不足に陥っています。

不足どころか欠乏に近い状態だという声もありますよね。

「小麦色の肌は健康的で色白の肌は病弱。」なんてことをいうと、時代錯誤も甚だしいと思われそうですが、ビタミンDの観点でいえば、これは真実です。

日光を浴びないとビタミンDが合成されませんから、骨も弱り、病気にもかかりやすくなって、認知症のリスクも2倍になるというデータもあります。 冬になると気分が滅入るのも日照不足からビタミンDになっているといわれてますしね。

女性が何より気をつけないといけないのは、自分のことはもちろんですが、お腹の中の赤ちゃんの知力や免疫力がビタミンD不足によって落ちてしまうリスクがあるということ。 覚えておかないといけないことだと思います。

ビタミンDって日焼けしたくない人はどうすればいいの?

ビタミンDが大事だってことは、よくわかったんですが、紫外線を浴びるわけにはいきません。どうしたらいいでしょう?

メリーちゃん
リリコさん

日光浴は必要よ。シミやシワが気にならない部分(手のひらがおすすめ!)を夏場なら15分以上、冬場で30分以上を直射日光に当ててみて。 当たり前だけど、日焼け止めは塗っちゃダメよ。

ビタミンDを増やすために注意してほしいこと

ビタミンDの働きは?

・カルシウム代謝を正常化して骨や歯を丈夫にする
・免疫力を高めて、ガン・風邪・インフルエンザ等を予防する
・ダイエット、うつ病を予防する

ビタミンDが不足すると....

骨の軟弱化が進むので骨粗しょう症のリスクが高まります。その他にも高血圧、糖尿病、心臓病、認知症、乳がんなどありとあらゆる病気のリスクが高まります。 母乳育児をしている方も、母体のビタミンD不足がそのまま赤ちゃんのビタミンD欠乏症につながるので要注意。

1日に必要なビタミンDの量は?

30~49歳の女性の場合、1日あたりのビタミンDの推奨量は、5.5μg(220IU)ですが、これではまるで足りないという専門家の声もあります。 アメリカでは、15μg(600IU)ですから、確かに少ないといえるかもしれません。ちなみ上限は日米ともに100μg(4,000IU)

ビタミンDを多く含む食材は?

・あんこうのきも
・しらす干し
・いくら
・鮭
・かじき

ビタミンDをサプリから摂取するときの注意点は?

紫外線(UVB)が弱くなる冬場(あるいは北国にお住まいの方)は、皮膚からの合成を待っていては間に合いませんから、 食事やサプリでビタミンDを摂取する必要がでてきます。

食べ物由来のビタミンDは、ビタミンD2(植物由来)、ビタミンD3(動物由来)のものであり、血中ビタミンD濃度を上げる作用は、 D2よりもD3のほうが高いという解析結果があるようです。ちなみに皮膚から合成されるのはD3です。

なお、摂取したり、皮膚で合成されたビタミンDは、肝臓と腎臓での活性化の過程を経て「活性型ビタミンD3」となり、 全身で多彩な働きをしてくれます。

いかがでしたか?

夏は紫外線を浴びたくないからと外出せず、冬は寒いからと外出しない。という生活だと間違いなくビタミンD不足です。 また、加齢とともに肝臓や腎臓での活性化が弱まると、活性型ビタミンDができなくなります。

「ビタミンD」の他に女性が不足している栄養素は?

Page top icon