若々しさの鍵を握る「ビタミンA・C・E」

病気や老化の原因になるものはいくつもありますが、なかでもその影響が強いのが活性酸素です。もともとカラダに悪さをする活性酸素については、 体内に備わっている抗酸化システムが対応してくれているんですが、加齢とともにこの抗酸化システムは低下してしまいます。

そのため、抗酸化作用のある成分を補って活性酸素に対抗していくことが30代以降は非常に重要。抗酸化成分といえばビタミンACEが代表的で、 抗酸化作用だけでなく、美肌に役立つ成分がそれぞれあるので積極的に摂取したい栄養素になります。

ビタミンACEで肌とカラダの老化を防ぐ

リリコさん

ビタミンCを積極的に摂取している人は多いと思うけれど、是非ビタミンAとEも一緒に摂ってみて。この3つはお互い助け合って働くので、 一緒に摂取すると相乗効果が期待できるの。

ビタミンACE(エース)にお任せ!ビタミンACE(エース)にお任せ!

人体に備わっている抗酸化力は30代からは下り坂。これを防ぐためには食品から抗酸化作用のある成分を積極的に補っていく必要があります。

抗酸化作用のある成分はいろいろあるんですが、とりあえず意識してほしいのは抗酸化ビタミンのA・C・Eです。単体で摂取しても肌やカラダに作用するビタミンですが、 この3つは互いに協力しながら抗酸化作用を発揮してくれるので、一緒に摂取したほうが効果的なんですね。

ビタミンA・C・Eは助け合って働く

ビタミンAやEは、油できた細胞膜などで主に活躍し、ビタミンCは水溶性ということもあって水のある細胞質や体液中などで活躍します。 こうしたバトルフィールドの違いのほかにも、お互い助け合うことで、繰り返し抗酸化作用を発揮します。※

(※酸化物質を無害した後で自ら酸化されて機能が落ちるビタミンEですが、ビタミンCから電子を受け取ることで、再び抗酸化作用を発揮するようになる。)

抗酸化という機能以外にもビタミンA・C・Eはそれぞれ優れた働きをしてくれます。

ビタミンA
粘膜や皮膚を健康に保つ、目の健康を保つ

ビタミンC
免疫力アップ、メラニン抑制、コラーゲンの合成をサポート、ストレスの緩和

ビタミンE
血行促進、LDLコレステロールの酸化を防ぐ、生殖機能の健康維持

積極的に摂取したい栄養素だというのも納得の働きです。

ただ、残念ながらビタミンACEはやっぱり不足気味です。また、乱れた生活習慣によってせっかくの抗酸化成分を無駄使いしているケースも多々あります。 ストレスは仕方ないにしても、タバコを吸ってビタミンCを無駄使いしてしまっている人が多いですよね。

※タバコを吸って血中のビタミンC濃度が減るのはタバコによって発生した活性酸素の除去に大量に使われてしまうから。 本来の細胞の老化や病気を防ぐ目的で使う分がタバコのために使われてしまいます。

タバコを吸っている人は余計に多くのビタミンを摂取するようにしてくださいなんてアドバイスもありますが、 タバコを止めるようにしてください。タバコのせいですべてが台無しになるので。

ビタミンA・C・Eってどうやって摂取すればいいの?

ビタミンCが肌やカラダにいいというのは有名ですけど、AとEと一緒に摂取することで、さらに効果が上がるんですね。

メリーちゃん
リリコさん

抗酸化成分にしてもいろんな種類があって効果もさまざまだから、ビタミンA・C・Eだけをサプリで摂取するよりも、 食事からさまざまなものと組み合わせて取りいれたほうが本当はいいのよ。

ビタミンA・C・Eを摂取するときに注意してほしいこと

ビタミンA・C・Eの働きは?

・体内で抗酸化力を発揮して活性酸素を除去する。
・個別でもそれぞれに効果効能あり。※既述

ビタミンA・C・Eが不足すると....

肌荒れ、色素沈着などが目立つようになる。また風邪を引きやすくなるなど免疫力の低下も顕著。長期的にみると酸化ダメージの影響が全身に及ぶので、 老化が早いということが言えると思います。

1日に必要なビタミンA・C・Eの量は?

30~49歳の女性の場合、1日あたりの推奨量は、ビタミンAが700μgRAE、ビタミンCが100㎎、ビタミンEは目安量が6.0㎎になります。 不足傾向にあるのはビタミンAとビタミンCで、それぞれ平均摂取量がビタミンAは490μgRAE、ビタミンCは76㎎となっています。

ビタミンA・C・Eを多く含む食材は?

ビタミンA
鶏レバー、うなぎ、にんじん、ほうれんそう、かぼちゃ

ビタミンC
赤パプリカ、ブロッコリー、ゴーヤ、、ピーマン、キウイ、イチゴ

ビタミンE
アーモンド、ツナ、たらこ、かぼちゃ、赤パプリカ

ビタミンA・C・Eをサプリから摂取するときの注意点は?

繰り返しになりますが、3つを同時に摂取するということ。マルチビタミンのサプリメントであれば問題ありません。 ビタミンCは水溶性で排出されやすいので、1日のなかで数回に分けてこまめに摂取するようにしましょう。

いかがでしたか?

抗酸化作用のある成分はほかにもアントシアニン、リコピン、タンニン、カテキン、アスタキサンチン、ルテインなどいろいろあります。 ビタミンACEと一緒にこれらの抗酸化作用のある成分も一緒に摂取するとさらに効果は高まります。

「ビタミンACE」の他に女性が不足している栄養素は?

Page top icon