あなたには「鉄」が足りません!

月経がある女性が不足しがちなのが「鉄」です。1日分の推奨量は10.5mgですが、実際の摂取量の平均は6.6mgといわれているように、全然足りていません。

貧血ばかりがクローズアップされる鉄不足ですが、冷えや疲労感、生理不順といった症状にも影響しているので、もしかすると今あなたが抱える身体の不調の原因は鉄不足かもしれません。

女性は全員鉄不足なので、まずは鉄を補いましょう!

リリコさん

鉄不足というと、貧血というイメージが強いけれど、エネルギー産生に関わるミネラルだから、 冷え・疲労感・眠りが浅い・不正出血・便秘など、あらゆる体の機能低下や異常につながるといわれているわ。

女性ならまずは鉄を摂取すること鉄不足はエネルギー不足と心得る!

鉄については新しい認識として「鉄不足=貧血」ではなく、「鉄不足=エネルギー不足」だと思ってください。 というのも鉄はエネルギーを作り出すうえで欠かせない成分なので、鉄が不足するとエネルギー不足になります。

その結果、元気もでませんし、疲れやすいし、体温も上がらないので冷え症にもなりやすくなります。体のすべての機能が低下してしまうんですね。

鉄不足の影響が身体のどこにでるか、どういった症状であらわれるかは人それぞれなんですが、いわゆる女性特有のトラブルといわれるものの背景には鉄不足が関わっているケースが多いということは覚えておくといいと思います。

実際に、不正出血だったり、便秘が鉄を摂取したところ改善したというケースもあるんですね。この例は筋肉を収縮させる働きもする鉄分を補ったことで、 子宮の筋肉がきちんと収縮するようになったこと、腸の蠕動運動が正常化したと考えられます。

そんなわけで、今現在、カラダの調子がいまいちすぐれないとか、年齢のせいかな?と思う衰えを感じているようならまずは鉄を補給するようにしてみてください。 病院にいくのはそれからでもいいと思いますよ。

鉄ってどうやって摂取すればいいの?

まさか、こんなに鉄が女性のカラダに大切だったなんて驚きです!頑張って摂らなきゃですね。

メリーちゃん
リリコさん

そうね。まずは推奨量の10.5gを目標に摂取すればいいと思うけれど、 貧血気味の人やハードな運動しているような人は、上限の40㎎を超えない範囲でもっと摂取してもいいと思うわ。

鉄を摂取するときに注意してほしいこと

鉄の働きは?

・赤血球を強くすることで、細胞に酸素と栄養素を多く運べるようにする。
・細胞内のミトコンドリアのエネルギー産生に関わる。

鉄が不足すると....

全身がエネルギー不足に陥り、疲れやすい、冷え症、眠りが浅いといった症状の原因になる。コラーゲン産生にもかかわるので、 肌や爪の状態も悪化する。血中の鉄だけでなく、貯蔵鉄(フェリチン)まで不足するとふらつく、立ちくらみなどの貧血症状があらわれる。

1日に必要な鉄の量は?

30~49歳の女性の場合、1日あたり10.5㎎が推奨量。しかし、実際の摂取量は6.6㎎(平均)に留まり、あと4㎎足りない状態。 当然、食生活によってはもっと足りないケースも。

鉄を多く含む食材は?

・レバー
・大豆
・青菜
・肉
・魚

鉄をサプリから摂取するときの注意点は?

食事から摂取しきれていない不足分(4㎎)を補えるものを選ぶのがポイント。鉄専用のサプリは1日分3~6㎎が多い気がします。 鉄は上限が40㎎と決まっているのでこれを超えないように気を付ける必要があります。

いかがでしたか?

鉄が不足すると代謝が落ちるので、太りやすくなるし、痩せにくくなります。ダイエットのためにも大事な成分になるので、 不足しないように特に注意したいミネラルになります。

「鉄分」の他に女性が不足している栄養素は?

Page top icon