食べるのを我慢したくない!という女性に。

食べ過ぎは太る一番の原因といっていいものですが、食べるのが楽しみという女性は多いので、それを我慢するというのは人生生きている意味がないという人も多いはずです。 そんな食べる量を減らしたくない人や甘いものを我慢したくない人には、糖や脂肪の吸収を防いでくれるダイエットサプリがおすすめです。

糖や脂肪の吸収を抑える成分を摂取しよう!

甘いものを我慢できない人のなかには罪悪感を感じながら食べている人もいると思いますが、 そんな食べ方をしても精神衛生上よくないですよ!

心の安定剤としても糖や吸収を吸収を阻害する成分を含んだダイエットサプリは使えると思います。

メリーちゃん

ストレスが溜まっているときって交感神経が優位になっているので、脳は自律神経のバランスを取るために食べることをカラダに命じます。 お腹を満たして胃や腸を動かすことは副交感神経を刺激することになるからです。

疲れたときやストレスが溜まっているときに特に甘いものが欲しくなるのは、脳のエネルギー源であるブドウ糖を摂取するのに甘いものが効率がいいことや不安を静め、 気持ちを落ち着かせるセロトニンの濃度が糖類を摂取することによって高まるからです。

なぜ、食べ過ぎてしまうのがちょっとは理解できましたか?

当たり前ですが、食べ過ぎはよくありません。いくら代謝アップの燃焼系サプリを飲んでいても、あるいは運動していたとしても、 消費するエネルギーよりも摂取するエネルギーのほうが多ければ、太ってしまうというのがカラダの構造だからです。

なので、できるだけ食べ過ぎには気を付けてほしいんですが、どうしても我慢できないというときやダイエットしているんだけど、 飲みや食事に誘われてしまったときは、抑制系のサプリメントを利用して少しでも糖や脂肪の吸収を抑制することを考えてみてください。

  • ついつい食べ過ぎてしまう人
  • 甘いものや脂っこいものが我慢できない人
  • 飲み会、接待など外食する機会が多い人
  • 正月太りを予防したい人
  • 燃焼系サプリと併用してさらにダイエット効果を高めたい人

糖や脂肪の吸収を阻害する成分を摂取して、体内への吸収を防いで排出させるというのが抑制系サプリの役割になります。 それから、糖や脂肪の吸収を阻害するといってもその働きは2タイプあるのでチェックしておきましょう。

  1. 水溶性の食物繊維が糖や脂肪を包み込んで吸収を阻害して排出する成分
  2. 消化酵素を阻害して吸収させずに排出させる成分

燃焼系のダイエットサプリだけでは、物足りなさを感じるときは、こうした糖や脂肪の吸収を阻害する成分を含んだ抑制系サプリも組み合わせてみるといいと思います。

抑制系サプリは、ダイエット目的に利用する人がほとんどだと思いますが、カラダに吸収される糖や脂肪を減らすことは肥満ホルモンといわれるインスリンの分泌を抑制することにもなるので、 血糖血の上昇を防いだり、老化を促進する糖化を予防するのにも役立ちます。

糖尿病予防やアンチエイジングにも使えるってことです。

食物繊維が糖や脂肪を包み込んで吸収を阻害して排出する成分

難消化性デキストリン

水溶性の食物繊維の一種で、糖や脂肪の吸収を抑えるほか、食後の血糖値や血中中性脂肪値の急激な上昇を抑制する効果があります。

グアーガム

糖や脂肪をゲル状になった水溶性食物繊維が包み込んで吸収させずに排出します。腸内環境を整える効果にも期待されています。

キチン・キトサン

動物性食物繊維の一種です。腸内でゲル状に変化し、主に脂質や塩分を吸着して体外に排出します。

「脂肪の吸収を抑える」ということで、難消化性デキストリンはトクホにもよく配合されてますよね。 最近だとトクホのコカコーラなんかにも配合されていると思います。

食べる順番ダイエットなんてものがありますが、同じメニューを食べるのであっても食物繊維の多い食べ物から食べることで糖や脂肪の吸収を抑制できるので、 血糖値の上昇を防ぐことができ、結果として肥満を予防することができます。

食物繊維も野菜不足の現代日本人には不足している成分なので、意識して摂取したいですね。

消化酵素を阻害して吸収させずに排出させる成分

白インゲン豆

消化酵素α-アミラーゼの働きを阻害することで、でんぷんの分解を妨ぎ、糖の吸収を阻害します。

桑の葉エキス

DNJという成分が、消化酵素スクラーゼの働きを阻害して、ショ糖の分解を抑制し、糖の吸収を防ぎます。

サラシア

脂肪代謝酵素を阻害し、脂肪の吸収を抑えるほか、脂肪の分解を促す働きがあることも確認されています。

鳩龍緑茶エキス

消化酵素スクラーゼの働きを阻害するなど、糖と脂肪の吸収を抑制する作用があります。

ギムネマ

糖を分解するαグルコシダーゼの働きを阻害して、余分な糖質を体外へと排出させる作用があります。

ギムネマは他にも小腸内にある糖を吸収する穴(レセプター)を先回りしてふさぐことで、糖の吸収をブロックし、食後の急激な血糖値上昇を抑える働きがあります。

勘違いしてほしくないのは「糖や脂肪の吸収を抑える」といってもその効果は微々たるものだということです。 なので、抑制系サプリを飲んでいれさえすればいくら食べても太らないということではないことは覚えておいてください。

ささやかな抵抗といった感じでしょうね。

「抑制系サプリ」以外の特集記事もチェック!

Page top icon